過去の投稿

August 2017 の投稿一覧です。
投稿者: planning
9thカタログを紐解く連載企画の最終回。
NDstyle.カタログの歩みを振り返ります。

毎年1度のカタログ発刊。繰り返すこと9回目。
2010年1月の創刊号からスタートし、2nd Editionはその半年後。
脅威のペースで始まった訳ですが、開発のリズムとシンクロして
年に1度の発刊を目指して今日に至ります。

私が使ってきたカタログは書棚に全冊並んでいるのですが、
並べてみるとこんな感じ。
使い込んで味が出ちゃってるのものありますね。
20170804-IMG_5645.JPG
ほほーぅ。と今までの思い出が記憶が蘇ります。
今も全巻持っておられる方いらっしゃいますかー?NDファン認定しますよ。

初期の頃はゲリラロケだったな、とか、
今思えばあり得ないくらい段取り不足だったけど、
当時は右も左もわからなくて必死だったな、とか
このロケは暑かったというより熱かった、とか、
ロケ地の協力依頼でホームページ見て突撃してたな、とか、
ロケ後に掲載NGが出て焦ったな、とか、
回数を重ねて要領を掴んだり、取り組み自体がブラッシュアップしてきたな、とか、
空間と商品イメージがバシッと決まって、達成感感じたな、とか。。。
全号関わってきた担当者として思い入れがあったりして、
感極まったりするんですよね。これが。
カタログ製作によって自身が鍛えられ、成長させられた実感があるので、
今夜あたりカタログ見ながら一杯イケる感じです。

商品の変遷にも歴史を感じます。
2008年に村澤さんと一緒にを始め、初めて商品開発したnomade。
そしてND史上初のグッドデザイン賞を受賞したのですが、
Gマークとともに創刊号から掲載されていますね。
この10年間で数々の商品が生み出され、残念なことに廃番に至ったものもありますが、
歴代の工場通信読みながら、一つ一つの商品開発を思い出すと、
もう一杯イケそうです。エピソード満載です。

本格ロケは3rdから、モデル撮影は4th Editionから始まりました。
いろんなご縁でさまざまな場所をご提供いただき、
NDスタッフも知人友人にもいろんな方にモデル出演していただき、
皆さまのご厚意なしにこのカタログ達はつくることが出来ませんでした。。。
私の周辺で巻き込まれた皆さま、一緒に汗をかいたT-堀部さんと商品課の仲間たち
企画、ロケ、編集に至るまで関わっていただいた村澤さんエーランチの皆さま
本当にありがとうございました。引き続きよろしくお願いします。

来年は記念すべき10号目。
こんな言い方してしまうと一気にハードルを上げそうな感じですが、
一年後の発刊を目指して今からスタートです。粛々と進めて行きます。


投稿者: planning
ミンミン蝉が鳴き、路面が暑さで揺れる、”THE 夏休み”な雰囲気の7月最後の日。
てんこ盛りの要望を整理して、試行錯誤して、仮説を立ててから1か月。
村澤さんが新しいチェアのデザインを携えて、NDにやってきました。

単に要望を叶えたものでは、既にあるものと大きな差が生みにくく、
新たなアイデアを備えたものを生み出そうと、
村澤さんは1か月グルグルと考え続けたようです。
20170801-1.jpg
今までにNDの開発スタッフが学んだ情報や経験などもインプットして
練りに練った案を図解しているところ。
今言えることは座面にヒミツがある椅子になりそう!!ということ。
しかし、詳細は機密情報のため、塗りつぶしヴェールを発動しています。。。

ワークショップの前半は会議室でデザインについての意見交換。
机上で前回までの要望と照らしてみたり、実現の為の細かなことを打合せしているのですが、
実際はどんな感じなんだろう?と、うずうずしはじめ、体感しなくてはいられない状況に。。。

椅子がたくさん並んでいる1階のショップへ移動し、
あるものを駆使して、シュミレーション開始です。
20170801-IMG_5725.JPG 20170801-IMG_5727.JPG
当然、新企画のモックアップなどない訳なので、
既にあるものを駆使して、何となく実際に近い形を試してみるのです。

実際に近い角度を試したいが故に、調整の為の板とか駒とか、
各自があちらこちらから持ち寄って、
椅子の角度を変えたり、座面に何かを仕込んだり。。。。
アームもちょうどいい長さを探ってみたり。いろんな人で試したり。
想像以上に違和感を感じなかったり、狙ったことが出来ていたり、微調整を繰り返してみたり。
おっ、いいんじゃない???と着地点を見いだします。
20170801-IMG_5720.JPG

打ち合わせのメモが加わり、図面がどんどん進化していきます。
いろんな視点が加わって、モリモリに膨らんだデザイン案。
もう一度、村澤さんがまとめ直して、試作に進んでいきます。

短期集中ワークショップは、みんなの頭がフル回転。熱気を帯びています。
この企画をオファーした若園さんの満足そうな表情が印象的でしたー。
この日、今夏最高気温を叩き出した岐阜・多治見の熱源はNDだったかもしれません。